Fantastic Cinema Note

Have a dream in the cinema!
For your fantastic life.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
2016年ふりかえり

2017年になりましたが、毎年の区切りとして、2016年に起きた出来事をつらつら書き記しておきたいと思います。



2016年。
振り返ってみると、とても悲しいことがあり、とてもうれしいことがあった1年でした。

身内が病気になり、しばらく入院。
とても悲しく、辛い日々でした。
そんな日々の中で気付いたのは、私が知らなかっただけでたくさんの人が悲しみを持ち合わせて生きている、という事実。
私はいかにぬくぬくした平和に守られていたのか。
悲しみは消えることなく、これからずっと持ち合わせて生きていかなければならない。
悲しみを抱きしめて生きていく覚悟。 そんなことにやっと気付けた1年でした。


報われたこともありました。
夢は移ろいで行くものだけど、少し前から描いていた夢に近づいたこと。
映画が好きだから映画に恩返しがしたいからという思いで、映画に関わることをやってきたおかげで、以前よりも映画に向き合える、発信できる環境に身を置けることとなりました。
だから2017年は頑張りたい。甘えてはいけない。本気で心から好きなものに対して、誠実に恩返しがしたい。
マジで頑張ろうと思います。



そして味方がそばに居てくれるようになったこと。私を受けとめて肯定してくれる唯一の人。私も返せるようにしないと!



2017年の目標としては、仕事と親孝行と映画祭をしっかりひたむきに頑張りたいと思います。


毎日を尊く、穏やかに丁寧に生き続けていく。
たくさんの人と笑い合える1年にするぞ〜!


diary 23:42 comments(0)
2015年ひとこと映画評

2015年、私が映画館で観た映画について感じたことを書いてみます。(印象に残った作品のみ)
ちなみに劇場で観た映画は76本でした。

*作品はリバイバル上映も含む。
*基本、一言感想のつもりですが、たまに二言、三言の場合があります。
*★が付いている作品は激推しです。


「百円の恋」★ 大好きな映画。やっぱり勝ちたいと思う。

「あと1センチの恋」★ ベタだけどよかった。泣けた。「君はもっと愛されるべきだ」ってセリフにグッときた。

「祖谷物語―おくのひと―」 幸せな3時間の映画体験だった。

「さらば、愛の言葉よ」 吸い込まれそうになった。やっぱりゴダールの世界に惹かれる。

「FRANK」 コメディーかと思っていたので予想外だった。哲学的な映画だった。

「ワンダフルワールドエンド」★ 2015年、一番衝撃を受けた映画。

「おんなのこきらい」 おんなのこはかわいい!

「セッション」 楽しかった!

「オカルト」★ 最高!こんな面白い映画があったなんて!

「脳内ポイズンベリー」 映画どうこうでなく、話の内容がとても腑に落ちた。

「夫婦フーフー日記」 こんなプロポーズされたい&こんなプロポーズの返事をしたい。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」★ 2015年、一番感動した映画。

「きみはいい子」★ ラストシーンが秀逸

「ジュラシックワールド」 とても好みの映画

「GONIN サーガ」★ 殺伐とした空気感が好きだ。

「みんなの学校」★ ぼろぼろ泣いた。心がある場所だった。

「岸辺の旅」★ 光が優しかった。

「恋人たち」 それぞれの独白が痛かった。

「愛を語れば変態ですか」 「愛を馬鹿にしてるんだよ」とか「いつまでそこにいる気なの」とかセリフがずっと残ってる。

「アパートの鍵貸します」 泣いた。こういう風に人を想える人になりたい。
diary 10:36 comments(0)
2015年ふりかえり



12/30、今年のふりかえりをしてみる。

今年はどういう年だったかなぁ…

思い返せば、いろんなことをやった1年のような気がする。



やっぱり映画関連の出来事が多かった。

シネマカレッジのお手伝い、

シネマバトルというイベントのお手伝い、

京都国際子ども映画祭のお手伝い、

京都国際映画祭のお手伝い。。

お手伝いばっかりだなぁ。笑



子ども映画祭以外は声をかけてもらってお手伝いしてるんだけど、

ほんとうに有り難いです。映画に関わらせてもらえて。

感謝です。こういった縁は大事にしていきたい。ほんとうに。



自分から動いたのは子ども映画祭ぐらいだけど

こちらは勝手がわからなくて何も力になれなかったなぁと思う。

来年はもっと積極的に頑張りたい。



シネマカレッジのお手伝いも何の役に立ててたのだろうか。

謎だけど、私はとても勉強になったし、本当にありがたかった。



シネマバトルはいろいろ大変で、しんどいと思うことも多かったけど、

たくさんの人のことを考えてとてもとても勉強になった。感謝しかない。

また手伝えることがあればこちらも積極的に頑張りたい。



京都国際映画祭は結構頑張った気がする。

いろんな裏側が見れて勉強になったなぁ。

お手伝いできてよかった。



あと映画関連ではないもので今年頑張ったのはFPの勉強とお菓子教室。

FPは11月から始めたけれど、ひしぶりに勉強したいと思った。

お菓子教室は月1で通ってて、楽しいなぁって感じてる。

この2つは来年も頑張りたいなぁ。



今年はいろいろ頑張ったなって素直に思える年だった。

至らなかったところも、空回りしてたところもたくさんあったけど、

頑張ったね。って自分に言ってあげたい。



来年はでももっと頑張りたい。

自分が楽しい人生はもう終わりにしたい。

誰かの力になるような人生にしたい。

そしてもっと優しい心を持ちたい。

人を思う、思いやる心を大切にしたい。




diary 15:25 comments(0)
『白河夜船』

よしもとばななさんの本が好きで、わりといろいろ読んでいるのだけど、その中でも一番よく読み返すのが『白河夜船』

昨日、その映画を観てきた。
(大阪アジアン映画祭のオープニング上映作品だった)

そりゃ思い描いてたイメージとは全然違ったけど、若木監督が撮ってくれて、安藤サクラさん、井浦新さんが演じてくれて、よかったなぁって心から思った。

とても好きな映画。





review-japanee 09:43 comments(0)
『フタバから遠く離れて』


ごめんなさい。ごめんなさい。
正直に言うと、すっかり忘れていました。
ぬくぬくと電気を使い、ぬくぬくと暮らしていました。
報道で知った気になっていたけど、私は何も知らなかった。
無知はやっぱり罪だ。
だけど、無知よりも無関心でいることのほうが、罪だと思う。

http://nuclearnation.jp/jp/part2/

『フタバから遠く離れて [第二部] 』が、3月より大阪と京都で公開されます。
ぜひ観てほしい、とは言いません。
必ず観てください。
他人事ではないんです。
私たちはみな福島原発事故の当事者なんです。

review-japanee 23:36 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS